ぽかぽか食育

日々の暮らしで簡単にでききる食育をご紹介しています

最先端の野菜

話題の野菜プラントに行ってきました。

皆さんこんにちは。
「野菜工場」って聞いたことありますか?
最近、テレビや雑誌でよく取り上げられていますよね。
ビルや工場跡地などの完全に閉鎖した空間で
太陽光を一切使わずに人口の光を当て温度、湿度を
コントロールして野菜を計画的に作れる施設です。
私が見学に行った工場は銀座の老舗文具屋さんの中。
この工場は土も一切使いません。
1レタス
レタスモニタ

水と光だけで、こんなに青々としたレタスが出来る。
私が畑で育てる野菜は土を耕し、肥料を与え太陽の光を
浴びて育ちます。
自然の恵みが無ければ作れない野菜ですが
こちらのプラントは人間の力だけで野菜を作り上げるのですから
凄いですよね。
発育も早く通常のレタスの三分の一程の期間で収穫できますし、
光の種類を変えれば成分や栄養素も変える事ができ、
様々な研究が進んでいるようです。
自然災害や外敵の影響も受けません。

で、実際に頂いてきました。
サラダ

上の階のカフェでお洒落なサラダになって登場しました。
フリルレタス、ブルーチーズとイチジクのサラダ。
バルサミコ酢の甘酸っぱいドレッシングに
キャラメリゼされたピーカンナッツが良い感じでした。
肝心のレタスですが。
苦味や野菜独特の匂いもなく、とても柔らかく食べやすかったです。
きっと、春に食べても冬に食べても同じ味なんだろうな。
野菜の味は天候や土壌から受けるストレスなどで変化しますが
プラントで育てた野菜はストレスを感じずに、のびのび育つのだそう。
栄養価も「プラントの方が高い」と言い切る専門家もいらっしゃるし。
スーパーにもちらほら並ぶようになってきました。
これからの時代、こちらの野菜が主流になるのかも知れませんね。


でも私。土と太陽が好きなんですよね~(´∀`*)
旬の苦みや香りは野菜を食す醍醐味ですから。

お読み頂きありがとうございます。
皆さまの食卓が幸せで満ち溢れますように♪

スポンサーサイト