ぽかぽか食育

日々の暮らしで簡単にでききる食育をご紹介しています

出汁さえあれば

皆さまこんにちは。
食育指導士の神谷恵子です。

今日は出汁のお話をさせて頂きます。
皆さんは毎日の食事作りで昆布や鰹、煮干などから出汁をとっていますか?
粉末のだし調味料や化学調味料は簡単で使いやすいので、こちらをお使いの方も多いと思います。
出汁をとることを「出汁を引く」と言いますが、本来出汁には素材の旨味を引き出す様々な効果や健康への良い作用が沢山あります。

一見、手間が掛り面倒に思われる出汁ですが意外と簡単。
出汁さえあれば、簡単に本格的な和食が作れますよ。
特に幼児の離乳期は出汁さえあれば季節のお野菜を煮たり、刻んだうどんを煮たり簡単に無添加の離乳食が出来上がります。
人間の味覚は幼児期に出来上がり、一生のものになると言われています。
大切にしたい時期ですね。
難しく考える必要はありません。忙しいママでも出来る私の簡単な出汁の引き方をご紹介します。
材料には分量を表示していますが、慣れてきたら目分量で十分です。毎回違っていいんです♪
【材料】
水・・・・1500㏄
花かつお・・・10~15グラム(カット昆布1~2枚)
昆布・・・20グラム(一掴み)
rps20150820_090048_651.jpg

①鍋に分量の水とペーパータオル等で軽く拭いた昆布を入れ戻す。
rps20150820_085237_610.jpg

②昆布が十分戻ったらそのまま中火に掛け昆布が浮いてきたら取り出します。
この時点で80度~90度、沸騰前に昆布を取り出してくださいね。
③そのまま火に掛け沸騰させカルキを飛ばします。
④少しの指し水(50cc 程)をして花かつおをほぐしながら入れ、再沸騰したら火から下ろし漉す。
慌てて漉す必要もありません。この時点で長く置くと雑味が出るといわれますが、私は合わせ出汁の酸味が好きなので3~5分置いてから漉しています。これぞ、我が家の味ですからお好みでどうぞ。
rps20150820_085413.jpg


この出汁で家族4人・我が家の2日分です。(夕食の煮物と朝晩のお味噌汁で使用)
冷めたら冷蔵庫で保存しましょう。
風味が命の出汁は2日で使い切るようにおすすめします。
それ以上保存する場合は冷凍しましょう。製氷機等の小分けできる容器で冷凍すれば必要な分だけ使えます。
冷凍の場合は2週間程で使い切りましょう。
お味噌汁はもちろん、今までの水とインスタント出汁の部分をこの出汁に変えて普段どおりにお料理してみてください。
長年インスタント出汁をお使いの方は、味が薄く感じるかも知れません。でも本来の味を感じれられる舌に回復すると次第に繊細な味が美味しく食べる事がより楽しいと思われる事でしょう。

次回は出汁の便利な使い方をご紹介したいと思います。

お読み頂きありがとうございます。
スポンサーサイト