FC2ブログ

ぽかぽか食育

日々の暮らしで簡単にでききる食育をご紹介しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行事食

鬼は外~福は内~!

皆さんこんにちは。
もうすぐ節分。
スーパーでは福豆が並び、
コンビニでは恵方巻きののぼりがはためいています。
節分の日はお父さんの残業時間も短いと聞いた事があります。
立春前日の節分は、春の訪れを感じる嬉しい行事ですね。
子供達の大好きな豆まきも、一年の無病息災を祈る大切な行事。
最近では小分けパックごと撒いて片付けを楽にするご家庭も
多いそうですがスタイルはそれぞれ、家族揃って季節の節目を
過ごすのは有意義だと思います。

年の数+1粒を食べる福豆。
大人はちょっと大変ですよね(笑)
鬼退治にも使われた炒った大豆。
鬼を射る→炒るに掛けて邪気を払う食べ物として
昔から節分に食していた様です。
福豆

本来神社でお祓いをした豆を頂くのが風習でしたが
忙しい現代では節分に神社へお参り出来るママさんは
少数ではないかと思います。
数日前に買っておいて神棚やお仏壇にお供えするだけでも
お払いの効果はあるそうですよ。
大豆は「畑のお肉」とも言われ、たんぱく質が豊富。
大豆サポニンには腸を綺麗にしたり、動脈硬化を防ぐ効果、
アミノ酸や不飽和脂肪酸はダイエットに効果大。
胃潰瘍、疲労回復、美肌効果、貧血にも効くんですよ。
ビタミン、ミネラルもたっぷりの大豆を大寒の最終日でもある
節分に頂くのは意味がある事なのですね。
残った福豆は炊き込みご飯の具にして召し上がれ。
炊飯器で一緒に炊いちゃえばふっくらお豆入り
炊き込みご飯になりますよ。

今日は大豆について書かせて頂きましたが
行事食を調べてみると色んないわれや意味があって
楽しいですよ。
子供達に伝えながら頂きたいものですね。

お読み頂きありがとうございます。
皆さまの食卓が幸せで満ち溢れますように。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。