FC2ブログ

ぽかぽか食育

日々の暮らしで簡単にでききる食育をご紹介しています

おばあちゃんと食事

何を食べるかよりも誰と食べるか。

皆さんこんにちは。
この度の熊本地震で被害に遭われた皆様に
お見舞い申し上げます。
また、一日も早く落ち着き復興しますようお祈りいたします。
何か出来るとがあればと小さな事から始めさせて頂きます。
微力ですが、いつか皆さまの元へ届きますように。

ブログの更新は1ヶ月半ぶりとなりました。
3月から生活がガラッと変わった我が家。
昨年、認知症になった母との同居がスタートしました。
想像を遥かに超える大変さに母も私も、
そして家族も困惑した1ヶ月半でした。
そんなゴールの見えない介護生活の中で
一つだけ「引き取って良かった」と思える
出来事は毎日の食事でした。
「みんなで食べると美味しいね~」
「まぁ!美味しい!」
普通の献立にも「凄いご馳走!」と食事の度に
目を輝かせ誰よりも深々と「頂きます」と合掌。
子供達の話に合の手を入れ笑いながら食べる事は
母にとって何よりの療養なのだと実感しました。
数日で顔色も便通も良くなり、声も大きくなりました。
効果を出したのは私の作る食事の内容ではなく、
食事の場です。
実家の台所で一人、テレビを見ながらの食事は
気楽だったかも知れませんが孤独で侘しかったはず。
我が家での食事は大皿料理はバトル感もありますし、
成長期の子供達の食べっぷりを見ていると大人も
食欲が増進されるもの。
母もこの環境に煽られ食事をするうちに
元気な胃腸が戻ってきた様に見えます。

最近は、孤食の子供達の問題も耳にします。
年齢に関係なく、皆で食事をする場が増えると良いなぁ。
いや、絶対に必要!と実感しているこの頃です。
一人で食事をしている人がみんなで食事をして笑顔になる、
そんな温かい場所を作れる日が来るといいな~
また一つ夢が増えました。
皆様からも何かご提案やご意見あれば
是非お聞かせください。

お読み頂きありがとうございます。
皆さまの食卓が幸せで満ち溢れますように。

スポンサーサイト