ぽかぽか食育

日々の暮らしで簡単にでききる食育をご紹介しています

こそこそ手仕事

雨だれぴっちゃん♪
この歌が最近頭をグルグル。

梅雨空が続いていますが、皆様お元気ですか?
体調不良を訴える家族が続出の我が家です。
この時期はいつも、病院に行ってもスッキリしない事が多いです。
頭痛に皮膚炎、鼻もムズムズ・・・
季節の変わり目は旬の物を食べよう!私のブログでも何度か
お話している、旬の食材には身体を次の季節に慣れさせる
作用があるよってやつ。
皆さんも夏野菜や旬の薬味(みょうが、大葉、オクラ、にんにく、
わさび、ハーブ類)を
召し上がってますか?
そうは言ってもね・・・毎日の食卓に、フレッシュ野菜や薬味を
毎回出すのは結構大変ですよね。
そこでおススメなのは常備菜。
特にこの時期は「漬ける」系、常備菜作りの最盛期。
梅干しや新生姜、にんにくを漬けたりしてる方も多いと思います。
この常備菜作り、ちょっと面倒なイメージがありますが今日は我が家で
一番楽チンなものをご紹介します。
大根の酢漬け。
tesigoto.jpg

たまたま畑の先輩に色鮮やかな赤大根を頂きましたので
今回は美しい写真ですが、普通の大根で十分です。
大根は冬のイメージがありますが、この時期も盛大に収穫されています。
生で食べると殺菌作用のある大根は食中毒がきになるこの時期にぴったり。
甘酢にしっかり漬けこむので口あたりよく、ついつい手が伸びる一品に。
お酢には食欲増進、疲労回復、殺菌作用がありますよ~
では、作りましょう!

【材料】
大根(中)  1/2本
塩      大さじ1
お酢     大さじ4
砂糖    大さじ2
蜂蜜    大さじ1

【作り方】
①大根を5㎜位のイチョウ切りにします。
大根葉が新鮮な場合は一緒に漬けましょう。
こちらは食べやすい大きさに切ります。
②①にまんべんなく塩をまぶし、そのまま20分程放置。
③その間に合わせ酢を作っておきましょう。
材料の酢、砂糖、蜂蜜を混ぜ合わせる。
④大根から出た水分を絞り保存できるタッパー等に移します。
浅い器の方が漬かりやすいですよ。
⑤③の合わせ酢を流しいれ表面をラップで均一に密着させます。
容器の蓋をして2~3日冷蔵庫で漬けましょう。
日増しに味が染み込んで前の日とは違う味わいに。
是非、作ってみてくださいね。

合わせ調味料や味付けが得意な方は計量なんて要りません。
我が家の味ですからお好みでアレンジしてください。
私は何でも蜂蜜を入れますが無くてもOK。
煮切り味醂を入れる方もいらっしゃいますよ。

元気の源は食卓から。
じめじめ時期を何とか乗り切って楽しい夏を迎えましょう!
お読み頂きありがとうございます。
皆様の食卓が幸せで満ち溢れますように。

スポンサーサイト