FC2ブログ

ぽかぽか食育

日々の暮らしで簡単にでききる食育をご紹介しています

小暑の頃のおやつ

幸せの黄色い野菜。

皆さんこんにちは。
今日は暑い日曜日でした。
そろそろ梅雨明けでしょうか。
七夕の7月7日は小暑でしたね。
夏の風が本格的な暑さを運んでくる頃。
この時期、一番美味しい野菜はトウモロコシだと思います。
先日、小2の娘が生活科の授業でトウモロコシの
皮むきをしたそうです。
その日の給食に茹でたトウモロコシを全校生徒で頂きます。
練馬区では食育としてこの授業を取り入れている学校が多いのですが
ここで初めてトウモロコシの皮を剥く子が沢山いるそうです。
もちろん丸ごと食べるのも初めて。
市販のコーンスープや缶詰、冷凍野菜では食しているそうですが
自分で皮を剥いて食べることは普通のご家庭でも減っている様ですね。
畑でも黄金色のトウモロコシが実り、おやつに食事に連日登場。
7158 (1)
トウモロコシには様々な栄養素がバランスよく含まれ免疫力を
高めてくれるお助け野菜。
普段は捨ててしまうヒゲの部分は南蛮毛という漢方薬。
皮はカゴや小物に使われているし捨てるところ無しです。

今日は我が家で年に一度だけ登場するスペシャルコーンスープを
ご紹介します。
生のトウモロコシを使うので甘さは格別!
ちょっと手間が多いので心と時間に余裕のある時、お試しくださいね。

コーンスープ(5人分)
【材料】
・トウモロコシ    4本
・玉ねぎ        1個
・人参         小1本
・セロリ        1本

・鶏がらスープ   2リットル
・バター       40g
・牛乳        200cc 
・塩          小さじ2
・白こしょう      少々

【作り方】
①トウモロコシは皮を剥き、水で洗い包丁で実を削り落とす。
半分に切ると安定してやりやすいです。
切る
②残りの野菜を切る。
玉ねぎはスライス、人参とセロリは皮を剥いて千切りに
③炒める。
お鍋にバター、①と②を入れ中火で炒めます。
全体に火が通りしんなりするま焦がさないようにでじっくりと。
いためる
④鶏がらスープを加え10分程煮ます。
鶏がらスープは市販のスープストックや固形のものを使ってもOK
ブレンダーで挽く。ミキサーをお使いの場合は少し冷ましてから
数回に分けてかけましょう。
ブレンダー
⑤完全にポタージュ状になったら漉します。
別のお鍋にシノアか目の細かいザルを用意し④を漉します。
このレシピをご紹介する時に「漉さなきゃダメ?」とよく聞かれます。
はい。だから心に余裕のある時に作ってねと前置きするんです(笑)
ここまで作ったら是非漉して下さいね。この一手間を掛けるか掛けないかで
仕上がりは全然違いますからね。
⑥漉したスープを中火にかけ煮立ってきたらよく混ぜながら
牛乳、塩、こしょうを入れ味を調えて完成です。
完成

黄色が鮮やかなコーンスープ。野菜だけでここまで甘くなるの?と
感動の味わい。
でもちょっと、面倒なのよね・・・
小暑の頃、心とお時間に余裕があれば是非お試しください。
ごはんで皆を驚かせましょ♪

お読み頂きありがとうござます。
皆様の食卓が幸せで満ち溢れますように。