FC2ブログ

ぽかぽか食育

日々の暮らしで簡単にでききる食育をご紹介しています

色んな思いを知る授業

祈り。
台風の被害が最小限でありますように。

皆さんこんにちは。
大型台風10号が近づいてきました。
小学5年の娘が授業で稲を植えています。
学校の近くにある、大泉橋戸公園水田。
練馬区には水田がほとんどなく、私が練馬で
田んぼを見たのはここだけ。
この田んぼは近隣の小学校校長先生からの要望等で
練馬区みどりの基本計画に基づいて整備され、
平成23年に開園しました。湧き水を利用した贅沢な田んぼで
 通称「橋戸田んぼ」として親しまれています。
田んぼの管理は地域の方々と連携して
近隣三小学校の稲作体験授業をさせて頂いています。
6月に田植えをし、夏休み中も観察に2度訪れます。
7月の稲はこんな感じ。
1稲
まだ花も咲いていませんでした。
先日、2回目の観察では稲穂が垂れていました。
稲穂
子供達は高さを測ったり、絵を描いたり。
自分たちで植えた稲を感慨深く観察していました。
収穫したお米は皆で頂くそうです。
どうか収穫まで無事に体験できます様に。
台風の度にヒヤヒヤ。
作って初めて知る苦労。
収穫の喜びと一味違う美味しさ。
全部味わって欲しいなぁ。
この季節は畑も冬野菜の作付けの時期。
私も先日、キャベツ、カリフラワーを植えたばかり。
こっちも頑張れ~
作物を育てるとお天気が気になり、娘も私も空を見上げる
回数が以前より増えた気がします。
自然の力には適いません。
稲を育てる過程と共に農家の方々の思いやご苦労を
知り、大切に食す心を育んでいくのでしょうね。
机の上では学べない授業。
先生だけでは出来ない授業。
もっと増えればいいな。
田んぼの管理は大変なご苦労だと思います。
関わって頂く全ての方に感謝いたします。

お読み頂きありがとうございます。
皆様の食卓が幸せで満ち溢れますように。


スポンサーサイト