FC2ブログ

ぽかぽか食育

日々の暮らしで簡単にでききる食育をご紹介しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かんぴょう、煮とかなきゃ・・・

節分の準備あれこれ。

皆さんこんにちは。
明日は節分。
スーパーやコンビニでも恵方巻きののぼりがヒラヒラ。
福豆も色んな種類が売られてますね。
我が家は、娘らが豆撒きに興奮してくれなくなったので
大人用に味付けアソートパックとかいう、
小分けパックのお豆を購入しました。ショボン・・・
小さいお子さんがいるご家庭は是非、豆撒き楽しんで下さいね。
後片付けが大変でしょうが、ぽかぽかの思い出はいつまでも残ると思います。

節目の節分、我が家はずっと大事にしてきましたよ。
運勢もこの日を境に変わるというし、何と言っても翌日は立春。
春が来た~♪とうきうきしちゃいますよね。
恵方巻きもテキトーですが皆で撒いてガブッと丸かぶりしています。
サラダ巻きや海鮮系のを作った年もありましたが
やっぱりシンプルで食べやすいのが人気です。
中でも「かんぴょう」が人気。
売ってるのと、ちょっと違う気がする。
味付け?素材かな?
我が家は「無漂白」のかんぴょうを使います。
かんぴょう
漂泊に比べて少しお値段高めですが、かんぴょうの漂泊に使われている
二酸化硫黄は決して身体に良いものではないし、
戻す時も塩でごしごししなきゃいけないし、
第一、味が違う!気がする・・・
ふと巻きの中のかんぴょうに、そこまでこだわる必要ないじゃんって
感じなので、今日まで誰にも言わず静かに無漂白ものを探して使って
ましたが、食品成分を調べてたら漂泊と無漂白、カルシウムの量が全然違う!
こりゃ言わなきゃだわ。
かんぴょうってね、地味な奴ですが、凄く栄養あるんですよ。
カルシウムはほうれん草の5倍。食物繊維、カリウム、鉄分も他の野菜より
いっぱい含まれてます。こんな素晴らしい素材を人間の都合で扱いやすく
加工するとカルシウムは30~40%減少してしまいます。
漂泊ものは白くて大きさも揃って綺麗ですけどね。
カビが生えなかったり、長持ちもするんですって。

では、皆さんもわざわざ食べる事の少ないかんぴょうを、この機会に召し上がって
みて下さいね。
明日の恵方巻きに入れる為には今日、煮といた方が良いですよ。
簡単ですが下記に我が家の煮方をご紹介させて頂きます。

【かんぴょう煮】
-材料-
無漂白かんぴょう  40g
出汁          1カップ 
砂糖          大さじ3
醤油          大さじ3
味醂          大さじ3
酒            大さじ1
塩            小さじ1

-作り方-
①かんぴょうを水で戻す。(15~20分程度)
②水の中で揉み洗いする。
③沸騰したお湯に②を入れて15分ほど茹でる。
(芯がなく柔らかくなっていたらOK)ザルに上げておく。
④材料の出汁以下全部を鍋に入れて煮立ったら③を入れて
15分程煮て汁気が無くなるまで煮て冷ます。

我が家は甘めが好きなので実際は分量より少し多めに砂糖が
入っています。
家で煮たかんぴょうはふっくら柔らかく優しい味がします。
恵方巻きにしてもこれと卵焼き位で十分美味しいのです。
あとは鰯の丸干しを買ってきました。
これで節分らしい食事になるでしょう。
それにしても節分の料理は栄養ありますね。
全国的に恵方巻きが食べられるようになったのは最近でしょうが、
鰯、大豆、蕎麦を昔から食べていたそう。
寒い冬を乗り切った身体に適度な滋養を付ける食事。
私達も大切に残していきたい食生活ですね。

お読み頂きありがとうございます。
皆様の食卓が幸せで満ち溢れますように。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。