ぽかぽか食育

日々の暮らしで簡単にでききる食育をご紹介しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共存共栄

互いに敵対することなく助け合って生存し、共に栄える。

皆さんこんにちは。
タイトルの共存共栄。
辞典にはこの様に載っています。

休日、八王子にある「磯沼ミルクファーム」さんに
行ってきました。
磯沼さんは食育のレジェンド。
アニマルウェルフェアの考えを飼育に取り入れ
人と牛が幸せに暮らせる牧場にされています。
まず、放牧。
放牧
写真だけ見たら外国みたいでしょ?
牛さんはこんな環境でゆったり暮していました。
ここの牛乳が美味しい訳だ!
牛舎にはチョコレート工場からでたカカオ豆の殻や
飲料メーカーで使ったのコーヒー豆などを敷き
牛たちに常に柔らかく乾燥したベットを提供しています。
カカオ
カカオやコーヒーの香りが牧場に漂い、
別名「コーヒーの香りがする牧場」とも言われています。
牛の糞はゆっくり熟成させて良質の堆肥となり、私達の畑に
かえり、また人間の役に立つ。
すごい循環です。
私の参加している体験農園でも磯沼さんの堆肥を
使ってるんですよ。
この堆肥のお陰で今年も元気に育っている作物。
コンパニオン
私は畑のキュウリとトマトの間にマリーゴールドを植えました。
これも共存共栄。
コンパニオンプランツという栽培法で互いに良い影響を
与え病気や害虫を防いだり、風味や味を良くする効果が
期待できるそう。
農薬は最小限に。自然の力を借りることで人にも環境にも
優しくなる。
共存共栄。良い言葉ですよね~。
人と人も共存共栄し
優しい社会を目指したいなぁ。

お読み頂きありがとうございます。
皆様の食卓が幸せで満ち溢れますように。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。